1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
FAVORITE
Make Up Your Mind
Make Up Your Mind
カウンターでは、今ある分のみで増刷しないと言われました。
踊っていただけますか?
ついった
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

C4U

ココロのツボにヒットしたもの残しちゃいます。
<< 重ね重ね… | main | こだわりのある家(?) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -
「無極〜PROMISE〜」
06-02-15_19-35.jpg

観てきました。陳凱歌監督の「無極〜PROMISE〜」

この監督の作品は、日本だと、故レスリー・チャンが主演した「覇王別姫〜さらば、我が愛〜」が有名ですね。物語はこんなシーンから始まります。



死体が折り重なる戦場で、ひとりの少女が食べ物を漁っていた。
それを見ていた高貴な身分の少年が言った
「私の奴隷になれば、食べ物を分けてやろう」
少女は受け入れるが、食べ物をもらうや否や、約束を破り逃げ出した
母のもとへとひたすら走り続ける少女の前に、運命を司る神「満神」が現れて言った。
「世の中のすべての男から望まれる姫にしてあげましょう。そのかわり、あなたは一生本当の愛を得る事が出来ない。それでもいいですか?」
少女は答えた「それでもいい」



中国系映画なのに、西洋的おとぎ話にありがちな始まりです。
そして、この映画の為に集まった、日・韓・香港・台湾の俳優たち。
もうワタシとしては、みっちーとフタマタかけつつ手塩にかけて20世紀末から見守ってた「謝霆鋒(ニコラス・ツェー)」が出てるだけで映画館へGO!です。彼は「少林サッカー」の悪役チームの監督を演じてた「謝賢」の息子。
そして「張柏芝(セシリア・チャン)」も「星願(邦題忘れたよ)」で紅涙を絞り取った演技派と思ったら「少林サッカー」でも、顔に落書きされて出演してました。こういう所が香港映画の醍醐味。俳優・女優さんはどんな役でもこなします。というか、こなさないとダメなんです。レンジが広いんです。
ドンゴンさん…ですか?韓流には興味はないので余計な先入観なく見る事ができました(あのCMは封印して)。真田広之は日本人俳優って事で…


と、甘くみてました。ごめんなさい。
「コスプレ映画」と言われても、腐っても(腐ってはないけど)カンヌグランプリをとった巨匠です。
しょっぱなからCGを使ったドンゴンさんのシーンに思わずツッコミ。
この映画のニコの半ば「様式美」じみた冷徹なキメっぷりは10人中9人の婦女子のツボにくる事間違いなし。ニコのファン増えそうだなぁ…。まだ25歳だし
真田さんの中国語もネイティブの人にとって「あいたたた…」って事もなかったそうです(パンフより)。ツッコミといえば、香港映画ファンにはおなじみの鼻血も。中国人はこれに何かこだわりでもあるんでしょうか?日本人にはちょっと分からない感覚ですが(ネタばれでよければ、空白をドラッグして下さい)

そして、色によって話が分かりやすく展開してゆきました。
単館・キネ旬・キネカ大森系映画ファンでなくても楽しめます。
鳥かごに閉じ込められるセシリアは、シャネルの香水に使われたヴァネッサ・パラディを思い起こさせたり「生きるために男の愛を利用する」のは、さしづめ米倉涼子のドラマ?
ニコの「邪悪になれば欲しい物はすべて手に入る」って台詞も、まさにタイムリーっていうか…(あの人にはそんな意識なかったかもしれませんが)。
みっちー関連で言えば、ニコのセシリアに対する執着ぶりは「漂流街」のコウさまと同じ。
中国大作映画にありがちな「むやみに大げさな表現を深読みしようとしてる間に、ストーリーが進んでしまって置いて行かれる疎外感」も、一応なくて済みましたし。

隣の人は時計を何度も見てました。124分の作品ですが、ワタシには珍しく退屈する事も無く映画の世界に入り込めました。ただ、これだけ時間をかけて「えっ?こんな終わりなの?」ってちょっと拍子抜けしてしまったのは事実でもあるんですが…。

「うたかた」な(=消えてしまう)ものだから大切にするっていうのと、永遠に続く道への模索。どっちがどう違うのか、どう大切なのか…ってのを考えていると、また頭がこんがらがってしまうアホなワタシです。


公式サイトはこちら(ニコの壁紙のDLは必須)




comments(3) | trackbacks(0) | 五感の刺激
スポンサーサイト

- | - | -
コメント
私も観てきました〜♪
感想はとても書ききれないので ぜひBlogのほうまで・・・
という訳でTBさせていただきます
でもかなさんと突っ込み&引っ掛り部分 似ているかも(笑)です♪
| kazami | 2006/02/17 10:39 PM |
kazamiさん、おはようございます♪
いやはやなんとも「HERO」の時はよくわからなかったのですが(松本人志がマギー・チャンを「おばはん」呼ばわりするのが…ι)今回は素直に楽しかったです。
| かな | 2006/02/18 7:37 AM |
きのう、主演された!
| BlogPetの花椿蘭丸 | 2006/02/18 10:48 AM |









http://c4u-baby.jugem.jp/trackback/271
トラックバック